報恩講の佛華!

まだまだ報恩講のネタを引っ張ってます!
どうもどうも住職です(*^_^*)
とはいっても報恩講へ向けた準備は大変時間がかかっております!
天王の多田さんが持ってきた立花の設計図!

父も息子もご門徒さんに加わりせっせと作ります!
虫ピンのような細い釘や、針金を駆使して
ボクと呼ばれる骨組みに枝木を打ち付けていきます。

華頭の多田さんの細かなチェックが入ります!
こんなもんかなぁ~じゃすまされないのが立花のすごいところ
華頭は厳しいっす(゜-゜)

仮のお花を挿しておきます。
内陣にあげる時には新しいお華にチェンジします\(゜ロ\)(/ロ゜)/

立花もおくすみも祭られて準備が着々と整いまして
内陣はすっごくきらびやかになりました(^O^)/

御真影さまのところの荘厳はこれからお供えが増えます!

みかんタワーはフィルムケースの内側にみかんを均等に配置しております。
親鸞様の飾りはこんな感じです(>_<)

結局、おくすみ造りに1日
立花の作成に2日かかりました!

こうして毎年立派な報恩講が開けるのは住職して感無量です(>_<)
おかげをもちまし皆様をご招待する準備が整いました!

 

じゅーしょくっした~(*^_^*)

2018年12月24日