住職あいさつ

 徳勝寺31代住職 
   釋 誠邦(しゃく じょうほう)
   筑後 誠邦(ちくご のりくに)

昭和57年 30代住職誠隆の長男として生まれる。
祖父・父・姉と同じく龍谷大学へ進学。
研究テーマは「坊主と在家の間」
著作 『大目乾連冥間救母変文』における救済方法の考察
           (印度学仏教学研究57-1号)

 皆様のおかげをもちまして2014年に31代目徳勝寺住職となりました
まだまだ至らぬ事と思いますが、御門徒の皆様と共にお念仏の多いお
寺にしていきたいとおもいます。
 現在三人の子供たちに囲まれて楽しく仏事を営まさせていただいております。皆様と共に喜び多い徳勝寺になれれば幸いです。

 

写真:2017年伝統報告法要初参式(左:長女のぞみ 中:長男顕文 右:住職)