朝のお勤め「重誓偈」

『重誓偈』『仏説無量寿経』の上巻にある讃歌です。

はるか昔、仏になられた阿弥陀様は、すべての苦悩の人びとを救うため
法蔵菩薩として現れ、世に超えた四十八の願い(ご本願)をおこされました。

そして、心貧しく苦しみ悩む人びとを迷いの海から救い出し、
南無阿弥陀仏の名号にこめられた心を伝えることが出来なければ、
決して仏にはならないと、重ねて誓われています。