作成 03/06/02

JAVA Scriptのお勉強

毎日変わる掲示板を作るゾッと…

 

 坊守さんがパソコンをやり始めたので、いろんな文句を言われます。今回のサーバが落ちたときにも、メールが使えんやないかと叱られ、あちこちのホームページを覗いては「こんなんせないかん」と励まし(?)を頂戴しております。ハハハハ。

 さてと、その注文の一つが「毎日変わるお言葉を出せ…」とのことでありました。方法は知らんわけではありませんが…邪魔くさい。
 マ、しかし、大事な坊守さんの注文ですから無下に捨て去るわけにもいかんし…と、住職さんはがんばってJavaScriptのお勉強をしたわけであります。ア〜ァ。

 手順は、アクセスした日付をGetして、そこから日時を切り分けて、対応する文句を表示する…ということですナ。しっかし、31日分のお言葉を引きずり出すのが面倒ですナァ。

 まず、JavaScriptのお勉強からスタートです。
 web探索をします。あるわあるわ…でお勉強道具がたくさんあるということで、似たようなプログラム(…と呼べるほどか?)を探すと、日付表示の方法を書いてある場所がありまして…<こいつをアレンジすればできるわ!>
 テクニックとしては、じつに単純明瞭。new Date()で日付をGetして、その中のgetDate()がその日付です。だもんで、
document.write("<IMG SRC='"+"images/"+(new Date()).getDate()+".jpg'>");
というコマンドを作ったわけであります。つまり、14日の場合には「14.JPG」を表示するわけですワ。簡単簡単

 ということで、後はこれに対応する画像を31日分作ればよいわけです。
 で、Microsoft PhotoDraw 2000<こいつは結構使えます>を起動して、名刺判の画像範囲を用意して…せっかくの掲示板だから木目の美しい背景を作って…後はソレッと岩波文庫を出してきて、文句を写して、経典名を入れて…
 後は、こいつを一つ一つ作っては保存するというのをやっつけるわけです。面倒じゃが単純作業ですナ。

 ということで、トップページの右上に毎日変わる掲示ができたわけです。メデタシメデタシ。