カミナリさんはコワ〜イの巻

マ、ハッキリ言い切りますが、これまでカミナリが怖いなんぞと思ったことは、今の今までございませんでした。香川県は、本当に災害のほとんどない地域でございますので、カミナリもほとんどご同様で、近くに落ちるなんぞという事態はなかったのでございます。

ところがです。今年は違いました。<なんて過去形でしゃべってても良いのか?>

今年の8月後半は、毎年とはちょっと違います。なんせ、「7のつく月」ってのは、世間じゃ7月だと言ってますが、ちょっとフランス語を知ってる人なら“septenber”ってのは「7の月<the seventh>」だと知ってるはずでございます。だから、恐怖の大魔王が降ってくるのは、まさしく今年の9月のはずでございます。知ってました? あの訳のわからん予言をしたオッサンは、フランス人ですゼ。

だからでございましょう。7月あたりからいろんなものが降ってきております。コンクリート片なんぞの可愛いものから、カミナリまで降ってくるのですワ。

そんなこんなで、8月28日も夕立がやってきました。ボクはいつものとおり「それがどうした」と過ごしておったのです。ところがどうでしょう。停電はするわ、カミナリの音はドロドロという音から、パリパリという音に変化するわで、大騒ぎとなりました。
しかし、さすがにサーバはけな気にリブートを繰り返すのでありました。

お分かりのとおり、無停電電源は付けていなかったのです。今までなんにもなかったものですから……
ところがです。電源が自動投入されるのに、ウンともスンとも言わなくなったのです。アレレレ・・・・?

見事にサーバはいかれておりました。後で調査すると、クライアントのLANボードも、ハブも、ルータも……つまりLANライン上のものがいかれておったのでございました。

ちょうど、その前日、友人と「サーバを新しくしようや」と話しておったところでした。マ、潰れるまで使ってからでいいや…と思っていたのです。ところが、こんな事態になって、すぐにも必要になってしまいました。転ばぬ先のサーバとかなんとか…友人からは「ガハハハ」というすばらしい笑い声を頂戴したのでありました。クスン!

マ、そういうことがございまして、仕方なく新しいサーバ・マシンを用意し、ブッ壊れていたものを新しく買いなおし、調整の日々に追われたのでございます。ようやく復旧したのが9月7日。約一週間、徳勝寺はネットの世界から離れていたのでございます。とっても寂しかった! なんでしょうねぇ? この空虚な気持ちは……

今回は、新たにサージ防止とUPSを追加しました。当面、これでなんとかなるんでしょう。ホッ!