本願寺派四州教区平成11年度定例教区会報告

日時:平成12年3月30日午前11時〜午後3時
場所:本願寺派四州教区塩屋別院

議案1 財務承認議案

(1) 平成10年度四州教区一般会計歳計決算
(2) 平成10年度四州教区特別会計基幹運動推進費歳計決算
(3) 平成10年度四州教区特別会計退職金積立金歳計決算
(4) 平成10年度四州教区蓮師500回遠忌団参教区事務費歳計決算

以上4議案は異議なく承認決議されました。

議案2 財務議決議案

(1) 平成11年度四州教区一般会計追加更正予算案

異議なく議決されました。

(1) 平成12年度四州教区一般会計歳計予算案
(2) 平成12年度四州教区特別会計基幹運動推進費歳計予算案
(3) 平成12年度四州教区特別会計退職金積立金歳計予算案
(4) 平成12年度四州教区特別会計伝道車維持積立金歳計予算案

議案3 同意議案

(1) 選挙管理委員会予備委員補充の件

異議なく同意決議

(2) 本願寺塩屋別院が四州教区教化センターとしての基盤整備と整備復興総合計画が円滑に遂行できるよう教区会の協力同意を求める件

異議なく同意決議


 いやぁ疲れました。議案3の(2)を決議するためにのみ行ってましたので、それまでどうなることかとヒヤヒヤしながら推移を眺めておりました。それまででボクが発言したのは基幹運動を教区として推進するようにという点だけ‥‥よくぞ耐えました。ハハハ。
 別院問題に関しては、教区内120ヶ寺が完納していないわけですから、問題がたくさんあるわけです。それを常備会でなんとか教区会の議題に載せることができ、第一弾成功。で、ここでぼしゃったらどうにもならんので、悩んでおりました。案外反対の声も出ず、すんなり通りそうだったので、発言もせずにしらんブリを決め込んで、とりあえず議決させました。その直後、手を上げて「教区会で決めたのだから、教区の同意と解釈するということですな」と再確認。異議はもちろんなし。大成功。
 後は、門徒議員さんたちに任せました。ハハハ。

 今回の反省点は、教区会という議決機関でありながら、誰一人として教区をどうすべきか考えていないように見られる点、反省すべきだと思います。組長経験者が僧侶議員のはず‥‥ボクは経験してないけど‥‥なのに、なんにも知らん。これでよいのかなァ? 新米議員に対しては、教区会の研修をする必要があるのではないかと思います。

 教区会ののち、教務所職員に対して、別院輪番から未完納の寺院に対する処置を依頼されていることを相手に伝えるように指示しました。半分しか理解していないようです。輪番と教務所長は兼任ではありますが、まったく別な役職なのでその区別をしないと今回の問題は解決しないと思われます。その理解が職員にないのが残念です。

 後の懇親会で、善福寺さんに税務調査が入ったとのことで、会計指導をして欲しいとのことでした。会計をちゃんとせずに、法人が成り立つと思ってるんだろうか? それとも法人として大きくなると言うことが理解できないのだろうか?
 年寄りの住職には、そろそろ引退を勧める必要があるかもしれません。